第5回 「水分の摂りすぎはムクミの原因? 」

  • LINEで送る

「ムクミが気になるのなら、水分の摂りすぎには注意!」

と書いてある美容関連サイトを見つけました。

水分の摂り方には諸説ありますが、私は水分の摂り過ぎがむくみの原因である
という説は間違っていると考えています。

本当に水分の摂り過ぎがむくみの原因?

確かに、寝る前に1ℓもの水をのみ、ろくにトイレにも行かないまま就寝してしまえば
翌朝ムクミが出ることはあるでしょう。
また、腎臓に何らかの問題が生じているのなら、水分の摂り過ぎは、ムクミの原因と病気の悪化を招きますから、お医者さまの指導のもと、水分の制限を行わなければなりません。

しかし、このようなケースは極まれで、大抵の女性がムクミに悩まされる本当の理由は、
水分や老廃物の排泄力が低下しているから
なのです。

水分や老廃物の排泄力が低下がムクミを引き起こしている

排泄力の低下は、体質や生活環境、老化やセルライトと様々な要素が起因していますが、いずれにせよ排泄力が低下している体は、水分を摂る量が多かろうが少なかろうが、むくみ易いことに代わりはありません。

それならば、水分をしっかり摂ることで体内の水分を入れ替え、蓄積している老廃物を無理にでも押し流してしまう方が、よほど体の中はキレイになるのです。

水分を充分に摂らないということは、すなわち、むくみの要因となるセルライトを増加させることにも繋がります。

ということは・・・

「どうせむくむなら、キレイな水でむくんでいた方がまだまし!!」

なのです。

ムクミの根本を見直すことが重要!

むくみを根本から軽減するためには、セルライトを解決し、循環を高め、低下した排泄力を取り戻すほかありません。
この点は、私たち専門家にお任せいただくとしても、その効果をより高め、日々の中で老廃物をできるだけ体外へ排泄したいとお考えなら、朝起きてから寝るまでの間に、2ℓを目安にお水を飲みましょう。

 もし、お水を飲むのが苦手なら天然の炭酸水やお茶でもかまいません。
一度に飲むのではなく、何度にも分けて飲むことがおすすめですよ!

SNSでもご購読できます。