第1回「お肌は、叩けば叩くほどキレイになる?!」

  • LINEで送る

肌をパンパンっとたたくと良い?って本当?

先日、八代亜紀さんがTVで
「うちの母はとても肌がキレイな人だったんですが、そのコツは?と尋ねたら、
若いころから顔を洗うたびにパンパンとよく叩いていたからよ、と言ってました」
と語っておられました。

美容の専門書などには、顔を叩くと良いなどとはどこにも書いてありませんが、
「化粧水をつける時はパンパン叩くと良い」などという話は、よく人々の間で語られています。

しかし、これこそ都市伝説の典型です。

もしかしたら、肌を叩くことによって

  • 血流がよくなる
  • 肌が鍛えられて強くなる
  • 化粧品が肌に浸透しやすくなる

と思い違いをされている方がおられるかもしれませんが、
パンパン叩いたからといって、これらの効果を得られる事はありません。

逆に、強い刺激を与えることこそが、お肌にとっては大敵なのです。

強い刺激を与えることこそが、お肌にとっては大敵

強い刺激は肌に炎症を呼ぶために、

  • ニキビや肌荒れが悪化する
  • シミの原因を増やす
  • 現状あるシミを濃くしてしまう

ことがあります。

ですから、洗顔やお化粧品を肌に塗り込む時に、バンバン叩いたりするのはNGです!スキンケアは優しく肌に触れるように行ってくださいね。

SNSでもご購読できます。