脱毛―脱毛の豆知識

脱毛についてご存知ですか?

女性なら、放っておけない脚や腕や脇などのムダ毛。

脚や腕や脇などの部位を、定期的に自己流の脱毛をくりかえし行っていませんか?

自己流の脱毛も年に数回なら、さほど問題ありません。
しかし、定期的に自己流の脱毛を行っておるとしたら、もうすでに、肌トラブルを起こしている可能性があります。

トラブルをひどくしないためにも、お手入れ方法ごとのトラブルについて知っておくことが必要です。
ぜひ一度ここで、詳しく確認してみてください。

そして、肌や毛のトラブルが気になるのなら、手遅れになる前に、ちょっとだけ勇気を出してご相談ください。私たち脱毛の専門家は、あなたの悩みやトラブルに対処する方法を知っています。

知っておきたい脱毛トラブル

あなたはどの方法で処理していますか? それぞれの方法で起こりうるトラブルをまとめています。

1.私は「抜く」派。(毛抜き/テープ/ワックス/電気シェーバー)

<メリット>

毛穴から引き抜くため比較的もちがよいです。他の方法に比べ、ムダ毛の断面も見えないですから、表面的にはキレイに脱毛できたようにみえます。

<起こりやすいトラブル>

自己流の脱毛の中でも、この方法が一番ムダ毛を太くし、肌を鳥肌状にブツブツさせます。
また、ムリに引き抜くため、毛母細胞がちぎれ出血やバイキンに感染する心配も!
ワキやビキニラインにできる湿疹は、感染が原因なんです。

2.やっぱり「剃る」のが一番でしょ。(カミソリ/電気シェーバー)

<メリット>

腕や脚などの広範囲でも、短時間で自己処理できるのが最大のメリットでしょう。肌トラブルがない間は痛みもありませんから、自己方法の中で一番手軽な方法です。

<起こりやすいトラブル>

すぐにムダ毛が伸びてくるため、頻繁に行わなくてはいけません。このため、慢性的なカミソリ負けを起こし肌荒れがヒドクなります。この肌荒れが、最終的に黒ずみに発展してしていくのです。 実は、自己処理の中で最も肌に負担が大きい方法です。

3.少し手間はかかるけど「除毛剤」。(除毛クリーム/ムース

<メリット>

ドラッグストアやホームセンターで簡単に入手できるのはありがたいですよね。手間と時間をかけて、上手に仕上げればキレイに見える方法です。

<起こりやすいトラブル>

一見、肌に負担がなさそうに思われがちですが、起こりやすいトラブルはカミソリなどで「剃る」ことと、さほど違いはありません。肌が弱い方は、カブレたり、毛穴にかさぶたができるケースもあります。かさぶたが取れた後は、黒ずみになってしまうんです。

4.多少はお金をかけないとね。「家庭用脱毛機器」(レーザー/高周波)

<メリット>

完璧に機器を使いこなせれば、肌への負担はほとんどありません。また、頻繁に行っていれば、脚や腕や脇などのムダ毛のない状態がかなり長く持続できます。「自宅でプロ並みの脱毛が行えるのでは?」と、夢が膨らむのもメリットと言えるかもしれませんね。

<起こりやすいトラブル>

パワーの設定が高すぎたり、使用方法を間違うとヤケドする危険性や、逆にパワーが弱すぎる脱毛機は、ムダ毛を太くしてしまうこともあります。価格もかなり高額で、なかには100万円近くする家庭用機器もあります。
ですが、残念ながらプロが行う脱毛と同じ効果が出ることはあり得ません。

5.スマートに「抑毛ローション」
<メリット>

多くの製品は、抑毛だけでなく肌を整える効果もあります。肌がとても弱い方は別ですが、自己処理の中では一番オススメの自己処理方法です。信頼できる製品ならば、一時的にムダ毛の量も減り、細くなる場合もありますよ。

<起こりやすいトラブル>

トラブルとは違いますが、抑毛剤の効果は使用している間だけとお考えください。
使用を中止するとムダ毛は元の状態に戻ります。最近では、様々な製品が発売されていますが、粗悪品も多く効果がないものもあります。効果に比例して価格も高くなるため、効果を持続させるのが意外と難しい方法です。

 


 

脱毛のことなら、新潟県上越市のエステ、ブラッドオンブラッドへ。詳細は専門サイトごご覧ください。
脱毛の専門サロン ブラッド オン ブラッド専用ページへ [ BLOOD ON BLOOD ]