シミ ( くすみ&くま/肌荒れ )

シミには、いくつもの種類があります。

年齢を重ねる度に、色々なシミが混在しながら増えていきますので、
美白の方法も、それぞれのシミに合わせて行う必要があります。

ただし、中にはシミのように見えても、美白では改善できない先天性や遺伝性の痣(あざ)肝斑(はん)の場合があります。
こちらは、しかるべき病院で治療を受けなければなりません。

※なお、下記表の【一般的な解決方法】の中には、お医者様でないと出来ない治療方法も含め記載させていただきました。
この点を踏まえ、ご参考になさってください。


様々なシミの種類 一般的な解決方法 症 例

日光性色素斑 (紫外線によるシミ)

  • 紫外線が起こす光老化が原因です。
  • 適切なケアを行えば、充分に美白が可能なシミですが、深さによって改善の期間と度合いが異なります。
  • いくつもの小さいシミが寄り集まって大きいシミになって見えることも多いです。
  • レチノイド
  • ハイドロキノン
  • ビタミンCの導入
  • ビタミンCの服用
  • レザー治療
  • フォトフェイシャル
  • マッサージ
  • ピーリング
  • UV対策
シミの症例photo

肝斑 (紫外線によるシミ)

  • 産後や閉経期に特に出来やすいと言われ、30代頃から出来る方が多いようです。
  • 紫外線が一番の要因と言われていますが、外部からの刺激(肌に合わない化粧品、摩擦のしすぎ過ぎ)
  • 女性ホルモン、ストレスが関係しているとも考えられています。
  • 目の周り/ホホ/額/口元に左右対称に現れる場合が多く、茶褐色。筆で色を塗ったように、境界線がはっきりしているのが特徴です。
  • ハイドロキノン
  • 低刺激なビタミンCの導入
  • ビタミンCの服用
  • トラネキサム酸の内服治療
  • レーザー治療(ただし、悪化する可能性 が高いとも言われている)
  • ハイドロキノン
  • マッサージ
  • ピーリング
  • UV対策
シミの症例photo

そばかす(雀卵斑)

  • 先天性のものですが、比較的浅いシミです。
  • 遺伝的なもので、紫外線の影響で濃くなるとされています。
  • 思春期に最も増えると言われ、色白の人に多く見られます。
  • レチノイド
  • ハイドロキノン
  • ビタミンCの導入
  • レザー治療
  • フォトフェイシャル
  • マッサージ
  • ピーリング
  • UV対策
シミの症例photo

炎症性の色素沈着

  • 外部からの刺激/ケガ/虫さされ/ニキビ跡など、炎症がもとで出来るシミです。
  • 比較的に容易に改善できるものも多いと考えますが、中には医師による治療を行っても、改善が困難なものもあります。
  • レチノイド
  • ハイドロキノン
  • ビタミンCの導入
  • ビタミンCの服用
  • レザー治療
  • フォトフェイシャル
  • マッサージ
  • ピーリング
  • UV対策
シミの症例photo

老人性色素斑

  • 40代以降に、顔/手の甲/腕など、日光によくさらされる場所 に出来ます。
  • 年齢とともに、増加する傾向が強いです。
  • 大きさは大小さまざまで扁平なものが多く、境界線がはっきりとしています。
  • 脂漏性角化症が同時に出ている場合もあります。
  • レチノイド
  • ハイドロキノン
  • レザー治療
シミの症例photo

脂漏性角化症

  • 中年期以降の男性に多いと言われていますが、皮脂が強い
     女性にも少なくないシミです。
  • 顔/頭皮/身体(体幹)に出やすく、扁平なものと盛り上がったものがあります。
  • 年齢とともに増加する傾向が強いです。
  • レチノイド
  • ハイドロキノン
  • ビタミンCの導入
  • レザー治療
  • フォトフェイシャル
  • ピーリング
  • UV対策
シミの症例photo

合成(タール系)色素による色素沈着

  • 合成の色素は、たんぱく質を壊す性質を持っているため、壊れた細胞にメラニンが沈着し、シミになってしまいます。
  • ポイントメイクを行う、まぶたや唇に出来ることが多いです。
  • クレンジング後でも、まぶたが茶褐色であったり、
    唇の色がくすんで見えます。
  • レチノイド
  • ハイドロキノン
  • マッサージ
  • 弱いピーリング
  • UV対策
  • 合成色素が配合されているメイク用品・化粧品の使用を避ける
お肌に関わる、シミ以外のトラブル・生活環境について

上記でご紹介した通り、シミには様々な種類があり、
混在しながら増えていきます。
ですから、美白の方法もそれぞれのシミに合わせ行う必要があります。

ただし、ココで無視できないのは、シミ以外のトラブルと生活の環境です。

シミ以外のトラブル
  • 敏感肌
  • 肌が薄い
  • くすみも強い
  • タルミが強い
  • 肌にハリがない
  • 肌が荒れている
  • 極端に乾燥している
  • アレルギーがある
  • ニキビがある
  • 皮脂が強い
シミ以外でお肌に
影響する生活の環境
  • 趣味や仕事で紫外線を浴びる機会が多い。
  • お手入れに不慣れである
  • 忙しく、お手入れにあまり時間をかけたくない
  • 美白はしたいけれど、面倒なことはしたくない

BLOOD ON BLOODの美白とは?

やはり美白の根本的な原因は、肌が本来持っている
ターンオーバー(生まれ変わる機能)が低下していることにあります。


※それぞれのシミに有効なケアの内容を下記の表にまとめました。
この中から最適な方法を選び、最適な美白をプログラムを作成させていただきます。

様々なシミの種類 BLOOD ON BLOODの美白ケア

日光性色素斑 (紫外線によるシミ)

  • プロレチノ
  • リセッター(ハイドロキノン)
  • リセッターライティス
    (APPS/αアルブチン)
  • Q10A
  • 高濃度ビタミンC
  • エンダモリフト
  • エンダモロジー
  • ダイアモンドピール
  • クリスタルピール

肝斑 (紫外線によるシミ)

  • リセッター(ハイドロキノン)
  • リセッターライティス
    (APPS/αアルブチン)
  • Q10A(ビタミンA/コエンザイムQ10)
  • エンダモリフト
  • エンダモロジー
  • ピールソープパック
  • 低刺激な高濃度ビタミンC
  • ビタミンCの服用
    ※医療の分野では…
    トラネキサム酸の内服

そばかす(雀卵斑)

  • プロレチノ
  • リセッター(ハイドロキノン)
  • リセッターライティス
    (APPS/αアルブチン)
  • Q10A(ビタミンA/コエンザイムQ10)
  • 高濃度ビタミンC
  • エンダモリフト
  • エンダモロジー
  • ダイアモンドピール
  • クリスタルピール

炎症性の色素沈着

  • プロレチノ
  • リセッター(ハイドロキノン)
  • リセッターライティス
    (APPS/αアルブチン)
  • Q10A
  • 高濃度ビタミンC
  • エンダモリフト
  • エンダモロジー

老人性色素斑

  • プロレチノ
  • リセッター(ハイドロキノン)
  • リセッターライティス
    (APPS/αアルブチン)
  • Q10A
  • 高濃度ビタミンC
  • エンダモリフト
  • エンダモロジー
  • ダイアモンドピール
  • クリスタルピール

脂漏性角化症

  • プロレチノ
  • リセッター(ハイドロキノン)
  • リセッターライティス
    (APPS/αアルブチン)
  • Q10A
  • 高濃度ビタミンC
  • エンダモリフト
  • エンダモロジー
  • ダイアモンドピール
  • クリスタルピール

合成(タール系)色素による色素沈着

  • リセッター(ハイドロキノン)
  • リセッターライティス
    (APPS/αアルブチン)
  • 高濃度ビタミンC
  • エンダモリフト
  • エンダモロジー

美白の常識・非常識

プロはここが違います

美白の常識・非常識

これは、美白に限ったことではありませんが、一般的には、当たり前と思われていることが、我々プロから見ると事実とは異なることや、良い点ばかりが表に出て、悪い点が語られていないということが時々あります。

どんな美白の方法でも、絶対ということはありません。
それぞれに、メリットとデメリットがあり、シミの種類との相性もあります。

それを知らないまま、美白の方法を選択してしまうと、
効果が出なかったり、逆に、シミを悪化させてしまうことさえあります。

そんな失敗をしないために、いくつかのポイントを押さえておきましょう。


一口に美白の成分といっても、現在では、たくさんの種類がありますが、
実は、どれもこれもが同じ働きで美白をしているわけではありません。

まずは、美白成分の働きには、大きく分けて3つの種類があると覚えておいてください。


photo

A:美白還元する働き

黒化したメラニンを、無色透明にする働きのことを、美白還元といいます。
要は、黒くなってしまったメラニンを漂白するようなイメージです。
今あるシミを薄くするのには効果的です。

B:メラニンの生成を食い止める働き

シミの原因の一つとして挙げられるのが、メラニンの過剰な生産です。
この生産力を抑え込めば、今あるシミの改善だけでなく、
この先のシミの予防にもつながります。

メラニンの黒化を妨ぐ働き

メラニンの最初の姿は、無色透明です。
それが、チロシナーゼという酵素と化学反応を起こしながら徐々に黒化し、
シミの基になります。チロシナーゼを分解、あるいは抑制し、メラニンを黒化しずらくすれば、メラニンの生成を食い止めるのと同様、シミの改善と予防につながります。


もうお分かりの通り、美白において、これら3つの働きはすべて欠かせません
ということは・・・

いくつかの美白成分を併用して使用することが大切です。
当店ではお客様の状態に合わせて最適なタイプをご紹介しております。

photo

フォトフェイシャルは、エステでも美容外科などの医療機関でも行われています。
効果としては、肌の活性・有効成分の浸透を高めるなど、良い点もたくさんあるのですが、私どもでは、行っておりません。

というのも、フォトフェイシャルには良い点を上回ってしまうほどの、
大きいリスクが伴うと私どもでは考えているからです。

そのリスクとは、火傷と、白斑です。

めったに起こることではありませんが、人のすることに、絶対はありません。


火傷は、時間が経過すれば、痕がなくなることがほとんどですが、しばらくはかさぶたや色素沈着が残ります。
一定の期間とはいえ、その状態で、気分よく外出できる女性はいません。

ましてや、肌の色素が抜けてしまう白斑は、火傷どころではありません。
茶褐色のシミが、真っ白いシミに変化するようなものです。

そうなると、紫外線治療を行うか、肌に良いとは言い難い油分たっぷりのコンシーラーやファンデーションで、一生、隠し続けるしかなくなるのです。

私どもでは引き続き、お客様の安全性を考え、フォトフェイシャルを導入することはありません。

フォトフェイシャルが一概に危険なわけではありませんが、
良い点である、肌の活性と、有効成分の浸透は、他の方法でも同レベルの効果を得ることができます。

ですから、フォトフェイシャルにこだわるなら、充分にお調べになり、
しっかりとインフォームドコンセントをお受けになった上で、トライしていただきたいのです。

あくまでも個人的な意見ですが、症例数のたくさんあるしかるべき医療機関でお受けになることをお勧めいたします。

photo

ご存知のこととは思いますが、レーザー治療は医療の分野で行われるものであり、エステでは行うことができません。

レーザー治療も、一度でシミが解決するわけではありませんが、
特に老人性色素斑、脂漏性角化症など、エステの施術だけでは非常に時間のかかるシミには、とても有効だと考えます。

ただ、一つだけレーザー治療には盲点があります。それは、レザー治療を行うと、多くの人が、油断して美白のケアをやめてしまうことです。

レーザー治療は、シミを取り除く治療ですから、シミが出来づらい肌になるわけではありません。

ですから、せっかくシミをレーザで取り除いても、美白を怠れば、すぐに、また同じ状態に戻ってしまいます。

同じ悩みを繰り返さないためにはレーザー治療と並行して、シミが出来づらい肌づくりと美白ケアを行うことが大切です。
レーザーでシミをとられた後にこそ、是非当店へお越しください。
もう、二度と同じ所にシミを作らないためにも、シミの出来にくい肌にしてゆきましょう。

一つだけ注意していただきたい点は、レザー治療は、フォトフェイシャルに比べ効果も高いですが、ネットの口コミなどを見ると、白斑などのリスクも、その分高いようです。
こちらも、しっかりとインフォームドコンセントをお受けになったうえで、トライしていただいた方がよいようです。

美白にホームケアが欠かせない理由

photo

シミを食い止め、薄くする程度なら、サロンのケアだけでも可能です。

しかし、本気でシミを減らし、この先もシミが出来にくい肌を作り上げるためには、ホームケアが欠かせません。
どうしても、お客様ご自身のご協力が必要になります。

▼シミの元になるメラニンを生産する要因

このように、日常の中で、毎日のよう起こることが引き金となりシミが産生されます。
要は、毎日、刻々とメラニンは生産され、黒化し続けているということなのです。

ですから、紫外線対策や美白成分を塗るといったホームケアを怠ると、いくら美白を行っても、いたちごっこのような状態になってしまうのです。

また、肌にはバリア機能が存在します。
サロンケアで、肌の深い部分の汚れと厚くなりすぎた角質を取り除いても、日々の皮脂や汗、メイクの汚れをしっかり落としていただかなければ、いくら強力な美白成分を使用しても、肌が反応することはありません。
本気の美白は、私たち専門家とお客様の二人三脚で作り上げるものなのです。

もちろん、それぞれのお客様によって、最適なホームケアは異なりますし、お手入れに慣れている方もおられれば、不慣れな方もいらっしゃいます。
その点は、私どもが全てを考慮し、全面的にバックアップいたしますのでご安心ください。

tel問い合わせ
トライアル・お試しコースヘのご案内

カウンセリング、お試しコースの詳細はこちらから リストアエステとは

オススメ コース
コース名 時間・回数 料金
コース1 コース1 60分×5回~ ¥75,000~
コース2 コース2

※この他にも、お客様の状態に合わせてお選びいただける各種コースをご用意しております。