肌荒れ ( シミ/くすみ&くま )

もしかして私って敏感肌?

敏感肌は危険です

その理由は、
ご自身の肌が敏感だと気付かないままお手入れを続けると、肌荒れをおこすばかりか、2次的なトラブルを起こしてしまうからです。

その結果、赤みやヒリつき、皮ムケなどが反応として肌に現れ、肌荒れをおこします。

肌荒れを良くするためには“私の肌は敏感なんだ”という前提のもと、お手入れを行ったり、化粧品を選んだりすることがとても大切になります。

まずは
敏感肌 → 肌荒れ → 放置すると更にひどい肌荒れ
になることを良く知っておいてください。


肌のバリア機能

肌の表面は、外部の刺激から肌や体内を守るため、2層のバリアで覆われています。
ただし、このバリアはいつも完璧な状態ではありません。

肌の機能がきちんと働いていないと、バリアは上手く作ることができません。

2層のバリアに少しでもほころびがあると、その部分は刺激を感じやすくなり、傷付きやすくなってしまいます。
傷と言っても、大変に細かいものなので、目に見えるわけではありませんが、化粧品などを塗った時、しみたりするのはこの傷のせいなのです。

また、このバリアは、肌から潤いを逃がさないようにする役割も担っています。このため、バリアで覆われていない肌は、乾燥もひどくなってしまうわけです。

一般的に肌荒れは、乾燥が原因だと認識されているようですが、実は、バリアを上手く作れないことが、肌荒れの大きな原因なのです。

保湿は応急処置

肌荒れを良くするために、
美容液・乳液・クリームを多用している方は多いはずです。

確かに、間違った対処法ではありませんが、荒れるほど乾燥している肌に表面的な保湿をしても、
効き目があるとは思えません。

残念ながら保湿は、応急処置にしかならないのです。

肌は、内部で保湿成分を生みだす力を持っています。この力が遺伝的に弱かったり、年齢とともに低下したりすると、肌が敏感になり肌荒れが起こるのです。

もちろん、外部環境の影響もあるでしょう。
エアコンの風がじかに吹きつける場所や、湿度が低くコントロールされている場所でお仕事をなさっているのなら、肌が乾燥して当然です。

肌が本来持つ機能もドンドン低下してしまいますから、肌荒れの状態は、日に日に悪化しているはずです。


パターンを知る

肌荒れは、体調によって悪化することがよくあります。
これは、病気に限ったことではなく、内臓の不調・疲労・イライラ・生理の時にも起こります。

しかし、「せっかくお手入れをしても、すぐに悪化してしまうのなら……」と、諦めてはいけません。
全ての人とは言いませんが、肌荒れが体調によって悪化する時にはパターンがあるハズです。
例えば、生理の時、ホホが赤くなりヒリツク。疲れがたまると、顎に皮ムケが出来るなどです。このパターンは、人それぞれに違います。見つけるにも、しばらくの期間がかかります。
ですが、体調と肌の状態を関連づけて観察し、パターンを見つけることが出来れば、この先の強力な武器になるハズです。

肌荒れの2次トラブル

肌荒れを起こしている肌は、必ずと言っていいほど肌のバリア機能が低下し敏感になっています。

私たちプロは、このような状態を「肌が弱っている」と表現します。

弱った肌は、弱っていることが原因で、様々な2次的トラブルを引き起こします。しかし、この2次的トラブルは、一見すると原因が他にあると勘違いしやすいのです。

肌や身体のトラブルは、その原因に合わないお手入れをすると、余計に悪化することがよくあります。
肌荒れだけでも大変なトラブルなのに、2次トラブルまで悪化してしまったら、悩みは増えるばかりです。

トラブル1

色素沈着(シミ)が出来る原因は、紫外線だけではありません。
実は、肌に刺激がかかり続けるても色素沈着(シミ)は出来るのです。
そして、更に刺激がかかりつづけたり紫外線を浴びることで、ドンドンと黒く濃くなっていきます。

弱っている肌は、非常に敏感になっており、ほんの少しの刺激でもキャッチしてしまいます。

ですから、日焼け止めや美白剤を使用するだけでなく、洗顔の時も、化粧品を塗る時も、優しくソフトに肌に触れるように注意してください。

トラブル2

健康な肌は、雑菌が繁殖ないようになっているのですが、ひとたび肌が弱り始めると、肌にとって良い菌も悪い菌も繁殖しやすい状態になってしまいます。

良い菌はともかく、悪い菌は繁殖してもらっては困ります!
その代表ともいえるのが、ニキビの原因であるアクネ桿菌と、ニキビを悪化させるブドウ状球菌です。

この2つが猛威をふるうと、赤く痛みを伴うニキビが出来はじめます。

弱った肌にできるニキビは、通常のニキビケアをするだけでは引きません。肌を回復させるケアを同時にするのがポイントです。

トラブル1

口元にケバケバした皮ムケが出来たら、それは脂漏性の皮膚炎かもしれません。

脂漏性皮膚炎とは、自分自身の肌が分泌した皮脂でカブレを起こしている状態です。
口元に出来る事が多く、ひどくなるとカユミやヒリつきが伴う場合もあります。

皮ムケがおきているので、多くの人は強い乾燥だと勘違いし、乳液やクリームで保湿を繰り返します。

しかし、これは逆効果です。

過剰な皮脂を肌から取り除きながら、同時に、弱った肌を健康な肌へ戻すケアを行いましょう。

当店の肌荒れケアは、一時的に肌荒れの状態を落ち着かせるだけではありません。
肌荒れの根本的な原因である、バリア機能を取り戻す事を目的としています。

ですから、サロンケアだけでなく、
ご希望の方にはご自身の肌に最適なホームケアの方法もお勉強していただけます。

肌荒れのホームケアは、私どもプロから見ても、とてもデリケートで複雑なものです。
ですが、ホームケアのコツを覚えてしまえば、お手入れも楽になり、肌の調子が良い日も確実に増えます。

BLOODが行う具体的な3つの改善方法

Blood 美肌への方法1

バリア機能が低下した肌は、過剰に皮脂を出したり、角質を厚くして肌を守っています。
しかし、この過剰な皮脂と角質は、肌の上で汚れとなり、肌荒れの状態を悪化させるのです。

ですから、肌荒れケアでまず最初におこなうアプローチは、肌の炎症や乾燥の度合いに合わせながら、
肌と毛穴の汚れをしっかりと取り除き、
この先のケアの効果が出やすい素直な肌の状態を作ります。

Blood 美肌への方法2

肌荒れに、炎症はつきものですが、この先、肌が本来持っている
バリア機能を回復させるためには、この炎症を食い止めなければなりません。

リラックスが目的の施術なら、多少の炎症があってもさほど問題はありません。
しかし、肌の機能を高めるためには、肌の深部までアプローチする施術が必要になります。
このような施術は、少しハードな内容になりますから、炎症を残したまま行うことはできないのです。

ですから、肌の機能を高める施術の前段階として、炎症の基になる、目には見えない細かい傷の修復を行いながら、肌の表面を整えていきます。

Blood 美肌への方法3

いよいよ、ここからが本番。
肌のバリア機能を取り戻すためのケアを行います。

細胞一つ一つに活力を与え、肌の生まれ変わりを促します。
肌は、新しい細胞が生みだされることで、バリア機能の基となる成分が生成されます。

また、新しい細胞が古い細胞を押し上げることにより、古い細胞は垢となりはがれ落ちます。

これをくり返しながら、肌全体を新しい細胞で満たしていくわけです。

生まれ変わった肌は、水分を抱える力も強く、バリアを形成しやすい状態にしてくれます。
さらに、角質もみっしりと、すき間なく層をなしますから、外部の刺激に対しての抵抗力も増すのです。

冒頭で
「”私の肌は敏感なんだ”という前提のもと、何事も行って下さい」という話をしました。

敏感な肌は、洗顔の方法から化粧品の塗り方、選び方に至るまで、少しのコツと知識が必要です。

このコツと知識を身につけるかつけないかで、たった1年先の肌さえ大きく変わってしまうのです。
肌荒れ、敏感肌のお手入れは、私たちプロから見ても、とてもデリケートで複雑なものです。
ホームケアに至っては、日により、化粧品の使い方を変えなければならないことも多々あります。

今までいろいろ悩んできたけれど、それって敏感肌だから?と思われた方は是非一度私どものサロンをお尋ね下さい。

お肌の診断は無料です。

お試しに体験いただけるコースもご用意しております。
ご自身に最適のお手入れ方法を見つけていただけると自負しています。

tel問い合わせ
トライアル・お試しコースヘのご案内

カウンセリング、お試しコースの詳細はこちらから リストアエステとは

オススメ コース
コース名 時間・回数 料金
コース1 コース1 60分×5回~ ¥75,000~

※この他にも、お客様の状態に合わせてお選びいただける各種コースをご用意しております。

コース1