優良サロンの見分け方

そんな貴女が時間とお金をかけてエステサロンに行くからには「必ずキレイになりたい!」と
お考えになっていらっしゃることでしょう。

ただ残念なことに、現在、日本では、エステサロンを開設するにも、エステシャンになるにも
特別な資格や免許は必要ありません。
このため、中には、知識と技術がプロとは言えないエステサロンも存在しています。

ですから、利用する側のお客様も慎重にサロンを選んでいただかなければならないのです。

経験も知識もないサロンで施術を受けたとしても、貴女が望む「キレイ」が手に入ることはありません。

そこで、優良エステサロンを選ぶポイントをあげてみましょう。

5つのpoint

1.適切な判断でエステのプログラムを組むことができること

貴女はもしかしたら、
どこのサロンでもエステのプロが、肌や身体の状態をきちんと診断した上で、
お客様の要望を叶えるプログラムが組まれていると思われているかもしれません。

しかし、実際の所、このようなことを行うサロンは、ほとんどありません。

例えば「痩せる」という一つの行為にしても、
お客様の身体の状態、日常生活の環境、どの部位を施術したらバランスが取れたプロポーションになり、美しく痩せて見えるのか?というのは、それぞれのお客様ごとに全て異なります。

それなのに「痩身」という、一つのくくりにお客様を当てはめて、誰に対しても同じ施術をするエステサロンが多く存在するのです。 

貴女の「痩せたい」という希望に対して、
詳しく現状を聞いてくれ、最終的な目標がどんな姿なのかをきちんと確認してくれた上で、  
それにもとずいたパーソナルなエステをプログラムできるサロンを選びましょう。

bar

2エステケアの知識、経験が豊富なこと

最初に、現在の日本では、エステサロンを開くのに特別な資格も免許も要らないと
申し上げましたが、エステ協会などでは多発するサロンケアの事故を防ぐ目的で、
国際的な基準に合わせてのエステシャンの認定試験も積極的に行っております。

AEA国際・認定エステティシャン(http://www.esthesite.com/)
日本エステティツク協会認定エステティシャン
そのような試験をパスしてきたエステシャンのいるサロンなら、まず安心です。

また、たくさんのお客様を見ていれば、色々なケースに対応していかなくてはなりません。
それは、そのままエステサロンの力になります。
ですから、その土地で長くエステサロンを続けていられているかどうかは、ひとつの目安になります。 
「あそこに行っても何の効果もない」という評判がたてば、
そこでサロンを継続していくことは難しいですからね。

また、新しい技術を積極的に取り入れているか?
社内で勉強会のようなものをやって知識を吸収しているか?
お客様の症例をエステシャン同士で共有しているかどうか?

これらは優良エステサロンを見分けるとても大切なポイントです。
HPで事前にチェックしたり、メールで尋ねてみるのもいいでしょう。

bar

3お客様の悩みを全身トータルで捉えることができること

肌と身体は密接につながっています。
例えば、肩・首のコリが強い人が、コリを放置したまま顔だけリフトアップしてもタルミがよくなることはありません。シミやくすみでお悩みの方は肌だけでなく、全身の代謝をよくすることが解決の第一歩です。

このように、部分だけを捉えるのではなく、全身の働きを考えながら
施術することができるサロンは優秀なサロンです。

bar

4お客様の日々の状態に敏感であること

エステの施術は1回で終わりという事はありません。
ご来店いただく中で、お客様の健康やお肌の状態は季節や環境の変化
によって変わったりすることもあります。

それを敏感に感じ取り、施術の内容をプラスしたり、あるいは、マイナスする必要も出てきます。

また、お客様の心理状態は身体やお肌にストレートに出てきます。
施術をしながらお客様のそんなストレスを暖かく聞いてさしあげることができる
そんなエステシャンのいるサロンは安心ですね。

これは事前に知ることは難しいですが、口コミや他のお客様の声を集めてみたらいいでしょう

優秀なエステサロンは
生涯にわたってあなたの美と健康のコンシェルジュになってくれます。

豊かな人生をおくるためにも一生お付き合いできるようなサロンを選びたいですね。